ワンちゃん・ネコちゃんの骨折
ワンちゃんやネコちゃんも様々な原因で骨折や脱臼をします。
交通事故や高所からの落下が原因となることが多いですが、トイ・プードルなどの小型犬は、ソファーやテーブルなど低い場所からの落下でも前腕部(橈尺骨)を骨折することがあります。くれぐれも注意してください。

骨折の治療
骨折の治療は、非観血的固定、骨プレート固定 、ピン・ワイヤー固定、創外固定など様々ですが、骨折部位や骨折の形状、患者さんの年齢や飼育環境、性格等を考慮し治療法を決定します。

骨折の治療で重要なのは、骨折部位の十分な安定化であり、多くの場合手術による確実な固定が必要となります。
もちろん手術をしてそれで終わり・・・ではありません。手術後のケアが重要です。動物たちに「安静!」といっても不可能ですので、飼い主さんの工夫と努力で安静に努めていただかなければなりません。

不十分な治療や不適切な治療の場合、骨の変形や関節炎、跛行などの後遺症が残ってしまうことがあります。最初の処置で確実な治癒に導くことが必要です。
骨折の治療や関節の手術などの整形外科は、特殊な器具や技術が必要であり、動物病院としてはなかなか厄介な分野なのかもしれません。

当院では、郡上の皆様にわざわざ遠くの病院で手術を受けていただかなくても良いように、常に外科や整形外科についての技術研修、設備の充実に努めています。田舎の小さな病院でできることを確実に・・・そういう思いで取り組んでいる分野です。

当院獣医師(森 昌人)は骨折治療の世界的基準であるAO/ASIF(Association for the Study of Internal Fixation)の基礎コース・応用コースを受講しており、この原理に従った骨折治療を行っております。


骨折の治療

■ プレート固定


犬橈尺骨骨折:プレート固定前

犬橈尺骨骨折:プレート固定



猫脛骨骨折:プレート固定前

猫脛骨骨折:プレート固定


■ プレート・スクリュー固定


猫骨盤骨折:仙腸関節離断プレート・スクリュー固定前

猫骨盤骨折:仙腸関節離断プレート・スクリュー固定


■ ピン・ワイヤー固定


猫脛骨骨折:髄内ピン・ワイヤー固定前

猫脛骨骨折:髄内ピン・ワイヤー固定


■ 創外固定


犬下顎骨折:創外固定前

犬下顎骨折:創外固定